奥田珠数製作所

店主のブログです
主に二人姉妹の子育てに関してのことを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染み付き着物・・・

0


昨年秋に、染み抜きクリーニングに出した着物がようやく到着。
淡いピンク色の色無地で、母から譲ってもらったもの。
40年弱ぐらい前の着物なのでよく見ると染みやらがついているのだが、それがかえって私には好都合。
少し汚れているので、着物を着たままでも子供をだっこできるし、マクドにだって行ける。

最初、この着物を実家近くの、母曰く古ぼけたおじさんが自宅でやっている着物染み抜き店に出す予定だったのだが、
母が何故が今回はもっと抜本的に染み抜きをした方が良いということで別の店に持って行き、取りあえず見積りをしてもらうことに。

数日後、母から電話がきて、見積り金額がなんと約5万円とのこと。

私、思わず、「近所の古ぼけたおじさんの店でいいわ~」
母、「アカンアカン、私がつけた母乳の染みがあるんやもん」
私、「・・・・・・・、、、ではお願いします」

そういえば、私か兄のお宮参りの時に着ていた着物を自分の母乳で汚したことがあると聞いた覚えはあったのだが、
その着物がこの着物だったとは…
そうとも知らず、今まで何度も母乳染み付の着物を着ていた私。
電話を切った後、考え込むことしばし。

こんなことがあり、到着した染み抜きされた着物を改めてマジマジと見る・点検してしまった。
ただ染み抜きだけするのかと思っていたら、胴裏・八掛が新しく張替えられていたのでお値段的にはこんなもんかと納得。
しいて欲を出すなら、張替える八掛の色を選ばせてほしかったなと…。
ご丁寧にも古い胴裏・八掛も同封されていて、恐る恐る胴裏を広げると噂のシミがくっきりあるではないか!!!
40年物のシミ、これも我が家の歴史遺産なのね・・・ぷぷぷ

早速、綺麗になった着物をきてお出かけしたいところだが、現在妊娠8か月。ちょっともう着るのはきつい。
母と同じことを繰り返したくないので、最短で着物を着る時期は断乳した後、2017年秋ぐらいかしらね。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。