奥田珠数製作所

店主のブログです
主に二人姉妹の子育てに関してのことを書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女の離乳食・次女の離乳食

0

201702072.jpg


我が家の次女さん、
離乳食の最初の導入時期こそは下痢・中断・再開の繰り返しだったが今は与えるものなんでも食べてくれる。
長女と比較してあまりにもきちんと食べてくれるので、母としてもすこぶる気分がよい。

数年前、長女が全然離乳食を食べてくれず、ネットで離乳食メニューを調べたり本を何冊もかって試すものの、
ことごとく食べてくれなかった。
長女とほぼ同じ月齢の子とランチした日には、あまりの食べっぷりのよさに凹んだものでした。
そんな中、唯一よく食べてくれたものはバナナ。
世の中にバナナがなかったら長女はどうなっていたのだろうかと思うぐらいバナナ様には助けられました。
1歳後半ぐらいの時の長女は、バナナと母乳でできていたと言っても過言でないはず。

食に興味がない?食に保守的?
保育園で集団生活を始めてもやはり食の細さは際立つものがあり、保育園入園当初は適量の半分程度食べてくれたら良いレベル。
ましてや完食した日には、お迎え時に先生から「長女ちゃん今日は完食しました!」と褒められる始末。
食が細い傾向は、4歳になり大分改善されましたが…
自発的に食べる意識が薄い→スプーンを持って食べるのが下手→お箸を使う時期が遅い
ということで長女はいまだにお箸で食べ物を持つことができません。
この部分に関しては本人のやる気と今までの成長過程が影響しているので、もう開き直って見守ることしかできません。

次女が難なく離乳食をモリモリ食べれば食べる程、長女の時のつまずきは何だったんだろうか…
あの時もっと私に何かできることはなかったのだろうか…と思ってしまっています。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。