FC2ブログ

某パート保育士の子育てブログ

主に二人姉妹の子育てに関してのことを書いてます

長崎原爆の日

0

昨日で長崎に原爆が投下されて69年。
テレビニュースを見ながら、去年の9月に被爆者であった祖母が亡くなったので、今年新たに作成された原爆死没者名簿に祖母の名前が載っているんだとしみじみ思ってしまった。
原子爆弾が投下される半年前に長崎県の長与町で産まれた我が父も今年で69歳。定年後は、定年後は被爆者団体で活動をしているみたいだが、第一優先は趣味のテニスらしい。

ここ数年の原爆関連のニュースを見ていると、被爆者の高齢化に伴い被爆体験の継承がクローズアップされることが多くなっていると感じる。私の父は、被爆者でも生後半年の赤子だから被爆体験なんぞ全くなく、被爆体験がしっかりある人は最低でも80歳近いと考えると直接被爆体験談が聞けるのも頑張ってあと10年ぐらいなのかな。

ただ、我が父家族から直接被爆体験を聞いたことが私はほとんどない。既に亡くなった祖父母から小学6年生の時の社会科研究の時に1度だけ聞いただけ。子供ながらに、被爆体験の話は聞いてはいけない雰囲気だった。被爆者手帳も、私の親がいない時こっそりと見せてもらった記憶があり、祖父の被爆者手帳には、確か爆心地から1キロちょっとで被爆したようなことが書いてあった。被爆体験を聞いてはいけない理由は、思い出すと辛くなるからだそうで、我が父の姉たちは夏になると体調が悪くなると聞かされていた。

今から思うと何でもっとガツガツ聞かなかったのかとちょっぴり後悔。福島原発の事故以降、自分自身が被爆者二世であることを遅ればせながら自覚しつつある今日この頃。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。